詰まったときの対処方法

ラバーカップトイレが詰まってしまったときは、一般的な方法として、ラバーカップなどと呼ばれている物を使い、トイレの配管にセットし、上から勢いよく押して、水圧で流すという方法です。多くの方はこのようにラバーカップは、詰まった物を押し込む道具だと思っていますが、実は詰まった物を吸い出す道具であり、本来は吸い出して、取り出すために使います、ボールペンなど押し込んでも流れなくなると、手の施しようがなくなり、配管の工事をしないとならなくなり、大変です。

生ゴミなどが詰まった時は、配管用の掃除洗剤や融解剤などを使うと、生ゴミごと溶けて流れていくこともあります。お風呂などの配管に使うようなクリーナーを使うと効果があります

しかし、洗剤を使っても流れないとなると、トイレの配管にあるトラップと呼ばれる、U字型になっている部分を取り外し、掃除して異物を取り除きます。配管の取り外しは自分でももちろん行えますが、やり方がわからないという方は、業者にお願いしても良いでしょう。もちろん業者に依頼すると、工事料金が発生します。業者だと真空ポンプや高圧洗浄機など、工事用の専用の道具を使いトイレの配管掃除し、詰まりを解消してくれます。


◇推奨サイト◇
トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法

トイレを詰まらせてしまう原因

トイレには、できるだけトイレットペーパー以外の物は流さないようにすると詰まらなくなり、ティッシュペーパーでもトイレには流さない方が良いです。また掃除用のシートや、おむつ、猫の砂なども、トイレに流せると書いてあっても、場合によっては詰まってしまうので、ゴミとして捨てた方が無難です。食べ物や生ゴミなどを流す人もいますが、これらは固形物なので詰まりやすく、生ゴミとして捨てた方が、こちらも無難です。同じように、風邪などを引いて嘔吐するときも、余裕があればトイレで吐くのではなく、ゴミ袋に吐いて処分すべきです。

トイレまた、トイレにうっかりと爪楊枝やボールペンなどを落としてしまったならば、そのままにせず、できるだけ拾って配管の中に残さないようにします。トイレの中で見えるときはそのまま、見えないならゴム手袋を装着し、配管の奥の方の落とした物を取り除きます。

トイレの中に異物を落としてしまった時は、そのときは水が詰まらずに、流れていくかもしれません。しかしトイレを使用している間に、トイレットペーパーが絡まってしまい、詰まってしまい、さらに異物も取れなくなる可能性もあるので、トイレに物を落としたときは、すぐに取り除くようにすべきです。

つづいて詰まったときの対処方法について説明します。

トイレのつまりは、異物で起きることがあります

トイレのつまりというと、下水へ繋がる配管に、何か物が詰まってしまい、水が流れなくなることです。これは水以外の異物が配管に入ることにより、配管内で詰まってしまい、詰まりが起こります。

トイレットペーパー異物として一番考えられるのが、日常的に使っているトイレットペーパーです。トイレ用であるトイレットペーパーは、ティッシュペーパーよりも水に溶けやすく作られていますが、流し方によっては詰まります。一度に大量にトイレに捨てると、流れなくなり詰まることがあります。少量のトイレットペーパーでも、何かの理由により水量が弱くなっているときにも、詰まることがあります。トイレットペーパーの芯を、大丈夫だろうと流して、詰まらせることもあります。

トイレットペーパー以外の異物を流したときにも詰まることはあり、トイレットペーパー以外は水に溶けないので、詰まりやすいです。たばこや爪楊枝など、小さい物でも、これぐらいなら良いだろうと流したら詰まってしまったということもありえるのです。または、ボールペンやライター、スマホなどをうっかり誤って流していまい、詰まらせることもあります。トイレットペーパー以外は、トイレに流すようなものでないので、ゴミとして捨てるようにしましょう。

トイレが詰まってしまったときは、最悪の場合は、水がトイレからあふれ出し、床に浸水してべたべたになることもあります。下水が逆流して流れるなどもあり、衛生面でも良くありません。

まずはトイレを詰まらせてしまう原因について説明していきます。