トイレを詰まらせてしまう原因

トイレには、できるだけトイレットペーパー以外の物は流さないようにすると詰まらなくなり、ティッシュペーパーでもトイレには流さない方が良いです。また掃除用のシートや、おむつ、猫の砂なども、トイレに流せると書いてあっても、場合によっては詰まってしまうので、ゴミとして捨てた方が無難です。食べ物や生ゴミなどを流す人もいますが、これらは固形物なので詰まりやすく、生ゴミとして捨てた方が、こちらも無難です。同じように、風邪などを引いて嘔吐するときも、余裕があればトイレで吐くのではなく、ゴミ袋に吐いて処分すべきです。

トイレまた、トイレにうっかりと爪楊枝やボールペンなどを落としてしまったならば、そのままにせず、できるだけ拾って配管の中に残さないようにします。トイレの中で見えるときはそのまま、見えないならゴム手袋を装着し、配管の奥の方の落とした物を取り除きます。

トイレの中に異物を落としてしまった時は、そのときは水が詰まらずに、流れていくかもしれません。しかしトイレを使用している間に、トイレットペーパーが絡まってしまい、詰まってしまい、さらに異物も取れなくなる可能性もあるので、トイレに物を落としたときは、すぐに取り除くようにすべきです。

つづいて詰まったときの対処方法について説明します。