トイレのつまりは、異物で起きることがあります

トイレのつまりというと、下水へ繋がる配管に、何か物が詰まってしまい、水が流れなくなることです。これは水以外の異物が配管に入ることにより、配管内で詰まってしまい、詰まりが起こります。

トイレットペーパー異物として一番考えられるのが、日常的に使っているトイレットペーパーです。トイレ用であるトイレットペーパーは、ティッシュペーパーよりも水に溶けやすく作られていますが、流し方によっては詰まります。一度に大量にトイレに捨てると、流れなくなり詰まることがあります。少量のトイレットペーパーでも、何かの理由により水量が弱くなっているときにも、詰まることがあります。トイレットペーパーの芯を、大丈夫だろうと流して、詰まらせることもあります。

トイレットペーパー以外の異物を流したときにも詰まることはあり、トイレットペーパー以外は水に溶けないので、詰まりやすいです。たばこや爪楊枝など、小さい物でも、これぐらいなら良いだろうと流したら詰まってしまったということもありえるのです。または、ボールペンやライター、スマホなどをうっかり誤って流していまい、詰まらせることもあります。トイレットペーパー以外は、トイレに流すようなものでないので、ゴミとして捨てるようにしましょう。

トイレが詰まってしまったときは、最悪の場合は、水がトイレからあふれ出し、床に浸水してべたべたになることもあります。下水が逆流して流れるなどもあり、衛生面でも良くありません。

まずはトイレを詰まらせてしまう原因について説明していきます。